安いシャンプー<高いシャンプー

安いシャンプー<高いシャンプー

費用面からシャンプーのことを考えて行きましょう。
安いシャンプーというのは、本当にありえないくらいに安いものがあり、店頭価格の安さに驚いてしまうこともありますね。
この価格で工場の従業員の給与は出せるの?なんて余計なことを考えてしまったりもします。
物の価格というものは、もちろん原材料代、工場の経費、CMや広告の宣伝費などから成り立っていますが、特に高いのが広告費という声もあります。
ですから、だいたいは原材料費というものはかなり安くて当たり前でもあるのです。
安い原材料費ですと、どうしても体には決してよくない成分が配合されていることが多く、天然のものから遠い成分ばかりとなります。
もちろん、ちょっと使っただけでは体に変化が起きる人は稀ですが、長年使い続けていると何かしらの体の変化(良くない意味での)が起きることが多いのです。
特に、持病があったり、健康面に自信が無かったり、アレルギー体質だったりする場合は毎日のことですので、成分のことを考えましょう。

 

一方、高いシャンプーについてですが、高いシャンプーはどのようなものが多いのでしょうか?
なぜか、高いシャンプーの方が広告などでも見かけないような商品が多く、はじめて見かけるものが多いような傾向があります。
アミノ酸系、天然系、石油系ゼロというような場合が多いのです。
どうやら、価格構成は原材料費が占めている傾向があります。
この高いシャンプーですが、これも1度や2度使っただけではあまり分からないことが多いと思います。
髪の毛を元から補修するような場合が多いので、使い心地は最初の内はよくない場合が多いでしょう。
使い続けることで効果を実感する商品と言えます。