ノンシリコン

ノンシリコン

「ノンシリコン」という言葉がここ数年よく聞かれるようになりました。
ノンシリコン=よい成分
ということで多くの人の頭には入っていることと思います。

 

では、ノンシリコンはどのようなことを言うのでしょうか?
ノンシリコンとは、
ノンシリコンを説明する上で、シリコンとは何なのか?を説明しなければなりませんね。
化学反応によって作られる完全人工物のことです。
スキンケア商品やケアヘア商品に広く使われていて、髪のキューティクルに付着しコーティングしてくれます。ですから、シリコンは髪をキレイに見せたり、手触りをよくする作用があります。
しかし問題点もあり、一見キレイに見せたりしてくれるのですが、髪を元からキレイにしてくれるわけではないので、髪そのものは傷んでしまうのです。
やはり、天然の成分でないからこそですね。

 

しかし、ノンシリコンとうたっているシャンプーの中にも、ラウリル硫酸Naのようなものが配合されている商品がたくさんあります。
ラウリル硫酸Naなどは、界面活性剤ですので髪の毛には刺激の強すぎる上に体にも頭皮にもよくない成分です。
ノンシリコンという言葉だけでシャンプーを選ぶと、このような成分を見落とすことになりますので注意が必要です。